リビドーロゼ香水にセックスレス解消やモテる効果があったのか実際に使って検証してみました!人気のベッド香水の悪い口コミレビュー評判の真相とは?

フェロモン香水「リビドーロゼ」は効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

フェロモン・ベッド香水 リビドーロゼ 成分

危険?リビドーロゼの成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

投稿日:

男性の欲望を引き出して、ますます愛される女性になれると噂のリビドーロゼですが、少し危険な気がしませんか。

人の感情を左右する香水ということは、危険な成分が入っていそうな気がします。

本当に大丈夫なのでしょうか。

 

ここでは、そのような疑問にお答えすべく、リビドーロゼの危険性について調査してみました。

副作用や健康被害の報告はないのか、危険な成分は使用していないのかについてまとめてみました。

購入を悩んでいる人は、是非参考にしてみてくださいね。

 

副作用・健康被害に関する口コミは?

頭痛が起きた・・・

開封した時に、

 

「あまり好きなにおいではないな」

 

と直感したのですが、とりあえず首と手首につけてみました。

予想通り、頭痛がしてきて…。

ちょうどよいことに、香りはすぐに薄くなったので助かりました。

香りの好き嫌いはどうしようもないですね。

 

ニオイが甘すぎて頭が痛くなってきました。

リビドーロゼよりはシャンプーやせっけんみたいなにおいがする方がいい気がします。

 

かぶれた・・・

つけたところがかぶれました。

肌に合わなかったのかなあ

かなりにおいは気に入っていて、彼氏もいい感じだったのに。

だから、肌につかないように服につけています。

 

もともと敏感肌でかぶれやすいのです。

リビドーロゼに対しても不安はあったのですが、うたい文句につられて購入してしまいました。

やっぱり赤くなってかぶれてしまいました。

本当にいい香りで、効果もあったので、とても残念です。

 

リビドーロゼの全成分は?危険な成分は含まれていない?

リビドーロゼは嗅覚を刺激し、脳に働きかけることで、彼をエッチな気分にさせることが出来ます。

男性をその気にさせるのはどのようなメカニズムなのでしょうか。

そのカギは成分が握っています。

 

リビドーロゼには80種類以上の香料がブレンドされています。

中でも、オスモフェリンというフェロモンを意識した香りが含まれているのが特徴でしょう。

いろいろな香水が販売されていますが、オスモフェリン配合の香水はリビドーロゼ以外にはないと言っても過言ではないでしょう。

 

リビドーロゼの全成分

リビドーロゼの全成分を紹介しますね。

パッケージに記載されている全成分を転載します。

 

エタノール、DPG、香料、イランイラン花油、キイチゴ果汁、BG、クランベリー果汁、マルトデキストリン、リン酸3Ca、ブドウ葉エキス、水

 

全成分を見て、

 

「あれ?」

 

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そうです、オスモフェリンがないですよね。

 

実は、オスモフェリンは

 

「オスモフェリン」

 

と記載されているわけではありません。

 

香料

 

と書かれているものが、オスモフェリンとなります。

リビドーロゼと言えば、オスモフェリンですからね。

 

イランイラン花油

イランイランはアロマテラピーにも使われていることで有名ですよね。

イランイランの木に咲く花から抽出されたオイルが、このイランイラン花油です。

熱帯雨林に多く生息する木であり、そのせいか南国をイメージさせるような香りです。

非常に華やかな香りがします。

 

イランイランの特徴としては、催淫作用があることです。

このにおいをかぐことで、男性が女性を意識するようになります。

 

キイチゴ果汁(ラズベリー)

リビドーロゼはベリー系の香りの香水であるとよく言われますが、その理由は、このラズベリーが強く香るからのようです。

かなり印象に残る香りです。

 

ラズベリーには肌のキメを細かくさせたり、美しく見せる効果があるそうです。

ただ、リビドーロゼでは肌への作用というよりも、その香りの良さから配合されています。

女性らしい香りが楽しめます。

 

クランベリー果汁

クランベリーはビタミンCやポリフェノールが豊富で、肌への作用も期待できるものです。

肌をきめ細かくし、美しく整える効果があると言われています。

 

リビドーロゼではラズベリー同様、香りのアクセントとして使用されているものとなります。

2つのベリーの香りが強く印象に残りますね。

 

ブドウ葉エキス

ベリー系のもう一つの成分として、ブドウ葉エキスも配合されています。

ブドウ葉エキスにはプロアントシアニジンが含まれていますが、これは、老化現象を抑制する働きを持っています。

メンタル面にも作用し、沈んだ気持ちを明るくさせる香りでもあります。

 

オスモフェリン

リビドーロゼと言えば、目玉成分はやはりオスモフェリンでしょう。

オスモフェリンが配合されている香水は他にないと言ってよいでしょう。

 

オスモフェリンにはフェロモンとよく似た作用があります。

オスモフェリンの香りを男性が嗅ぐと、男性ホルモンであるテストステロンの数値が約2.5倍になるというのですから、驚きですよね。

 

日本ではあまり見かけない成分ですが、海外では有名であり、よく使用されている成分だそうです。

海外で販売されているフェロモン香水は、その半数がオスモフェリンを配合しているのだそう。

男性にだけ作用すると思われがちですが、実は女性もオスモフェリンのにおいによって、女性ホルモンの分泌が高まります。

 

リビドーロゼの気になる副作用・健康被害は?

全成分を確認してみたところで、いよいよ一番知りたいことについて書いていきますね。

リビドーロゼで副作用が起きる可能性はあるのかどうかというところです。

 

リビドーロゼには基本的に副作用が起きるような成分は配合されていません。

植物由来の香水であり、安全性に配慮されていると言えるでしょう。

よって、敏感肌の人でも毎日使いやすいのではないでしょうか。

 

リビドーロゼの口コミはかなりの数があるのですが、それでも副作用が起きたという報告はありませんでした。

敏感肌の人にとっては、他の化粧品と同様注意した方がよさそうですが、それでも、肌に直接つけるものの割にはトラブルは少ないように見受けられました。

 

どうしても個人差というものは存在し、人によってはかゆみや赤みが起きる可能性はあります。

もともと香水によって、かぶれや赤みが発生したことがあるという方は、使用前に一度パッチテストを行いましょう。

 

リビドーロゼを使いたい部位に湿疹や傷、腫れがある場合は、リビドーロゼが刺激となり、ますます悪化する可能性があります。

異常を感じた場合は、無理に使用せずに即中止しましょうね。

 

保管方法についても注意は必要です。

直射日光が当たったり、極端に高温になってしまったりするようなところでの保管は避けてくださいね。

せっかく高い品質で製造されていても、保存方法によって劣化が進んでしまうので気を付けてくださいね。

 

あと、使う時の体調についても注意しましょう。

吐き気や頭痛を誘発してしまうかもしれません。

体調不良の時にはなるべく使用しないようにし、副作用が起きる可能性を低くすることが出来ます。

 

まとめ

リビドーロゼは副作用の危険性がかなり低い香水で、安心して使うことができますね。

かなり人気の香水なので、たくさんの口コミがあるのですが、それでも副作用の報告がほぼないことが印象的でした。

 

リビドーロゼの最大の特徴であるオスモフェリンは、男性ホルモンに働きかけ、気持ちを盛り上げてくれます。

そのオスモフェリンのせいで何か副作用が起きるということもありませんし、そのほかの成分についても植物由来のものが多く、問題なく使用できそうです。

 

リビドーロゼには危険な成分は一切入っていませんので、安心して彼をその気にさせちゃってくださいね!

-フェロモン・ベッド香水, リビドーロゼ, 成分

Copyright© フェロモン香水「リビドーロゼ」は効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.