フェロモン香水「リビドーロゼ」にセックスレス解消やモテる効果があったのか実際に使って検証してみました!人気のベッド香水の悪い口コミレビュー評判の真相とは?

モテ香水「リビドーロゼ」は効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

フェロモン・ベッド香水 香り

男がムラムラする女性の香り5選♡嫌われる匂いはコレ!本物モテ香りの効果とは?

投稿日:



雑誌やテレビといったメディアで、

 

「男性はこの香りにグッとくる!」

 

という特集を見たことがある人も多いでしょう。

こういう特集、多いですよね。

男性は女性の香水の香りに惹かれると思われていますが、もちろん、男性の中にもいろんな好みの人がいて、強めの香りは苦手という人もいます。

 

また、一口に男性に好まれる香りといっても、男性が自分がつけるものとして好きなのか、女性らしい香りに異性を感じて好きとなのか…その理由も様々です。

世の男性は、女性の香りに何を求めるのでしょうか。

今回は、男性が女性につけてほしいと思う、グッとくる香りとはどういったものかご紹介します。

さらに、女性には人気があるのに、男性には不人気の香りについてもご説明しますよ。

 

香りが男性に与える効果とは!?好き、キライだけじゃなかった!?

男性に、女性に魅力を感じるのはどんな時かを聞いてみると、よく

 

「いい香りがしたとき」

 

という答えが返ってきます。

香りは、相手に与える印象も左右しているのですね。

ただの体臭予防やエチケットとしての役割だけではなさそうです。

では、女性から漂ういい香りは、男性にどのような印象を与えるのでしょうか。

 

相手をグッと近づける

女性も、好きな香りに遭遇すると、いい気分になって、少しでも近づいて嗅いでみたくなりますよね。

逆に嫌いな香りや不快な香りは、わざわざ近づきたいとは思いません。

無意識に避けてしまうでしょう。

しかし、好きな香りやいい香りは、少しでもかいでみたいと近づいてみたくなります。

 

男性も同じです。

自分が魅力を感じる香りがすると、知らず知らずに近づいて嗅いでみたくなります。

そして、香りがきっかけになって、会話が弾んだりコミュニケーションに発展する可能性もあります。

初めは香りが気になるという理由だけだったのが、距離を縮めたいと思うことに繋がります。

 

心がすっきり、リラックス

疲れたときの気分転換に、香りを利用する人も多いでしょう。

自分の好きな香りを嗅ぐと、心がリフレッシュしてスッキリとします。

リラックス効果もありますね。

これは果物や花などだけでなく、女性から漂う香りも同じ効果があります。

よく

 

「癒し系女子」

 

という言葉が使われますね。

 

「癒し系」

 

とは、その人の性格や言動、物腰がふんわり柔かいだけではありません。

香りも大きく関係していると言えるでしょう。

何気ないときに、ふわっと漂ういい香り…想像しただけでも相手をリラックスさせる効果抜群です。

 

過去の恋愛の記憶をよみがえらせる!

思い出と香りとは、密接に関連しています。

あなたも

 

「この香り…あのとき彼氏がつけてた香水の香りだな」

 

と思い出した経験があるでしょう。

男性も女性の香りを嗅いだときに、過去の恋愛を思い出すことがあります。

昔の恋人と同じ香りを嗅いで

 

「この人はどんな人だろう?」

 

と興味を持たせたり、

 

「あの時の女性と似ているのかな」

 

と思わせ、グッと距離が縮まるきっかけにもなります。

 

性的興奮を強める媚薬

性的興奮を強める効果を発揮する、魅惑的な香りもあります。

よく

 

「フェロモン」

 

といいますね。

これは

 

「惚れ薬」

 

のような効果、つまり性的興奮を高め異性を魅力的に感じたり、好きになってしまう効果があるのです。

 

やりすぎはNG。相手を不快にさせてしまう香りも

良い香りや魅惑的な香りが、相手に良い印象を与える一方、相手を不快にさせる香りもあります。

たとえば…

 

  • 体臭
  • タバコのニオイ
  • お酒のニオイ
  • ホコリ臭い

 

女性も、こういったニオイは嫌いですよね。

体臭が強いと、不潔な印象を与えて、身だしなみを疑われてしまいますし、衣類などがホコリ臭いと生活がだらしない印象を与えます。

また、タバコやお酒のニオイも気分のいいものではありません。

相手を不快にさせてしまいますよね。

 

要注意!女性が好きな香り=男性が好きな香りではない 

香りの種類には様々なものがあり、男性の好みも人それぞれ。

注意したいのは、

 

「女性に好まれる香りは男性にも人気」

 

勘違いしている女性が多いということです。

女性が好きな香りが、必ずしも男性にも好まれるとは限りません。

女性が気づいていないだけで、むしろ男性がキライな香りかもしれないのです。

せっかく好きな香りをつけていても、好感を持たれるどころか、逆効果になることもあるので注意しましょう。

 

女性にダントツ人気の「ローズ系」、サプリメントもあるけど…

男性に不人気な香り1つめは、ローズ系。

 

「えっ?ホント?」

 

と思う女性も多いでしょう。

ローズ系は女性には断トツ人気の香りですよね。

香水や化粧品のほか、最近はサプリメントまで販売される人気ぶり。

ローズの香りで口臭や体臭を抑える効果が注目されています。

それなのに、ローズの香りが苦手という男性が多いなんて…意外です。

理由としては、ローズ系の香りに次のような印象と結びついているようです。

 

  • トイレの芳香剤や入浴剤を連想する
  • お母さんの化粧品を思い出す

 

人気のあまり、芳香剤や入浴剤など広く利用されているのが仇になって、ローズの香りはちょっと苦手…という男性も多いようです。

 

「バニラ系・ココナッツ」南国パラダイスのイメージが強すぎる?

バニラ系やココナッツは、ボディクリームなどにも多く利用され、甘い香りで根強い人気です。

トロピカルな甘い香りで女性に人気な反面、逆にその甘すぎる香りを敬遠してしまう男性も多いようです。

また、ココナッツがもともと南国の植物のため、日本人になじみが薄いのも原因のようです。

ココナッツは特有の香りのほか、味も苦手という人も見受けられます。

 

「ムスク」人気がある反面、苦手な人も多数

ムスク系を好きという男性は多いのですが、その反面、苦手な人も多く、好きな人とキライな人に二分されやすい傾向にあります。

特に、仕事をバリバリこなす、出来る女性にムスク系の香水が好まれるようで、そのイメージから

 

ムスクの香り=完璧なキャリアウーマン

 

と思われ、苦手に感じる男性もいます。

特に若い男性には、ムスクの香りがあまり好まれないようです。

 

「女性の香り」男性はこれにグッとくる!ベスト5

首筋から漂う魅惑の香り

背中から彼女を抱きしめた時などに、首筋からフワッと立ちのぼる香りに刺激されて、ムラムラする男性は多いようです。

香水をつけるときは首筋にという女性も多いでしょうが、これはなぜでしょうか?

思わぬいい香りにドキッとするのはもちろんですが、性的興奮を促すフェロモンの役割を果たしたともいえます。

実は、首筋から漂う香りは、人それぞれ違っているそうです。

つまり、香水+特有の香りで彼を刺激してムラムラさせたわけです。

でも

 

「特有の香り」

 

ってどんな香りでしょう?

自分では気づかないものですが、まずは、汗の匂いなどが混ざらないように首筋を清潔に保ちましょう。

香水をつけるのはそのあとです。

香りは彼が好きなもの、またはフェロモンの役割を果たしてくれる香りもオススメです。

 

シャンプーと頭皮の皮脂が混じった匂い

ほとんどの男性はシャンプーの香りが好きなもの。

さらに、女性の汗や皮脂に含まれるフェロモン。

シャンプー+フェロモンはまさに最強の組み合わせで、これを嗅いだら男性は一気にムラムラ。

とはいえ、汚れた頭皮のニオイや汗臭さは論外。

 

毎日きちんと洗髪して、頭皮をキレイにしていることが大前提です。

男性に人気なのは、あくまでもナチュラルな女性の香りですから、健康的な皮脂の匂い+シャンプーの良い香りをキープしましょう。

彼があなたを抱きしめた時、彼の鼻がちょうどあなたの頭の位置に、なんていうときは、匂いをチェックされているかもしれないので、香りには意識した方が良さそうですね。

 

ボディミストのふんわりした匂い

男性の中には、香りが強すぎる香水は苦手…というタイプもけっこういます。

ストレートに強く香るのではなく、なんとなくいい香りが漂う…そんなさり気なさにグッとくる男性も。

そんなときにはボディミストがオススメ!

ふんわりと優しい香りで、香水ほどの強さはないのでなじみやすいでしょう。

 

ナチュラルに、全身に香りをまとう感じが女性的で、思いがけず嗅いでしまった男性はムラムラ。

気をつけたいのが、汗。

暑い季節は、せっかく好きな香りをつけても汗と混ざってしまって、逆にイヤなニオイになってしまうことも

特に、強い香水は要注意です。

 

汗をかいたときは、あらかじめデオドラントシートなどで拭き取り、汗のニオイをケアしてからボディミストをつけましょう。

そうすれば、自然で爽やかな香りを全身に纏えて、香水が苦手という男性にも好評です。

 

密着したとき香る、ボディクリームの匂い

こんな口コミが寄せられました。

『好印象なのは、ふだんは香水の匂いはしないのに、抱きしめた時にふわっといい匂いがするとき。「あ、この子って、こんないい匂いだったんだ」ってドキッとします。意外な一面も見れて、新鮮ですね』(33歳/商社)

 

ボディクリームは、香水のように強く香りません。

ほのかに香る程度で、ぐっと近づかないと分からないくらいの優しい香りです。

男性にしてみれば、自分だけが知っている香りに、独占欲を刺激されてムラムラするようです。

例えば、ふと手をつないだとき、ふわっと香ってくるイイ香りに、不意をつかれた男性はドキッとするもの。

さらに、ボディクリームはイイ香りがするだけでなく保湿効果も期待できるので一石二鳥。

 

ツヤツヤ素肌とイイ香りを両方ゲットできます。

強すぎる匂いが苦手で、香水は敬遠してしまうという女性でも、ほのかに香るボディクリームならベスト!

香りは記憶に直結していますから、いつも同じボディクリームをつけて同じ香りを漂わせていれば、その人の香りとして脳にインプットされます。

他の場所でも、その香りを嗅ぐとその女性のことを思い出すようになります。

気になる男性の記憶に残る手段としてもオススメですよ。

 

ハンドクリームの優しい香り

「女性がハンドケアでクリームをつけているときに漂ういい香りに、思わずうっとりする。」

 

そんな声も目立ちました。

何気なく物を受け取るとき、すっと差し出された手もとがほのかに香る…こんなシチュエーションも好印象だそうです。

女性の繊細な一面を感じて、キュンとなる男性多いそうです。

日常のハンドケアも油断できませんね。

 

まとめ

いかがでしたか。

女性が好きな香りが、必ずしも男性にも好かれるとは限らないことがわかりましたね。

あなたの気になる男性は、どんな香りがお好みでしょうか?

男性に好まれる香りをうまく活用して、気になる男性を虜にしてしまいましょう!







関連オススメ記事

-フェロモン・ベッド香水, 香り

Copyright© モテ香水「リビドーロゼ」は効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.