フェロモン香水「リビドーロゼ」にセックスレス解消やモテる効果があったのか実際に使って検証してみました!人気のベッド香水の悪い口コミレビュー評判の真相とは?

モテ香水「リビドーロゼ」は効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

フェロモン・ベッド香水

「寝る前香水」で魅力的な女性に♡ふんわり香る秘訣はコレ

投稿日:



ふんわりと香水の香りが漂ってくる女性は、好感を抱かれやすいようです。

同性でも、すれ違う時にいい香りを漂わせている女性のことを魅力的だと思うのですから、男性にとってはなおさらだと思います。

そこで、今注目されているのは、

 

「寝香水」

 

という習慣です。

香水をつけて眠るというもので、安眠効果も高いのです。

香水は外出時に使うためのものだけではないのです。

 

それでは、その寝香水について、詳しくご紹介していきましょう。

どのようなタイミングで使うのか、どういった香りがおすすめなのか、詳しくご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

歴代の美女たちがまとってきた寝香水はどんな香り?

実は、寝香水というのは今の流行だけではないのです。

あのクレオパトラも寝香水を習慣づけていました。

 

クレオパトラの場合は、ローズとシナモンの香りを愛用していたそうです。

中でもダマスクローズというバラの香りを非常に好んでおり、床や枕もとに花びらを敷き詰めていたというエピソードがあります。

バラの香りには女性ホルモンを調整する効果があり、女性としての自信を取り戻すような効果があると言われているので、お風呂にも入れていたのだとか。

クレオパトラにとって、バラは美の象徴だったのでしょう。

 

もう一人、寝香水と聞いて忘れてはいけないのは、マリリン・モンローです。

寝る時は何を着ているのか質問されて、その答えが

 

シャネルの5番よ

 

なのですから。

シャネルの5番は大人の女性らしい、高貴な香りです。

マリリン・モンローの魅力を余すことなく表現していますよね。

 

どちらも美女、魅力ある女性として名高い二人ですが、二人とも寝る時に好きな香りをまとって、女性らしさを忘れていません。

寝る時に好きな香りをまとうことが、二人の魅力をより引き出しているようです。

 

シャワーの後、少しだけつけ肌に香りをなじませて

では、寝香水というのは、どのタイミングでつけるものなのでしょうか。

やはり、ベッドに入る直前がベストなのでしょうか。

 

実は、そうではないのです。

一番ベストなタイミングとしては、シャワーやお風呂の後です。

まだお肌が乾ききっていない、しっとりとした状態の時に香水をつけると、肌に香りが密着します。

 

香りを長続きさせるには、少なめの量を、耳の後ろなど人目につかない部分や、脈を打っている部分につけるのが良いです。

つける場所によって、香りの強弱も変わります。

下半身につければほんのり香りますし、上半身につければしっかり香ります。

 

香りが物足りなく感じても、自分の身体に多めにつけてはいけません。

自分では気づかないものですが、周りの人にとっては強い香りに感じることがままあります。

その場合は、ハンカチに香水をしみこませて枕もとに置いておきましょう。

 

寝る前香水をおすすめしたい理由

癒やしの香りでぐっすり熟睡

なんと言っても癒し効果があります。

寝る時に好きな香りをかぐことで、リラックス効果が得られます。

それが安眠につながるのです。

 

きちんと睡眠をとることは成長ホルモンの分泌を促します。

そして、お肌の新陳代謝をも促進してくれるのです。

 

逆に、睡眠不足となるとどうなるのでしょうか。

なんと食欲増進ホルモンが増えてしまうのです。

睡眠不足はダイエットを妨げてしまうのですね。

 

よって、寝る前の香水で、睡眠をサポートすることによって、あらゆるが手に入るというわけなのです。

 

寝ている間も“オンナ”を意識

良い香りをかぎながら眠りにつくことで、自分が女性であることを強く意識することができます。

その意識が、自分の女度を上げてくれるのです。

 

ローズ系の香りは女性ホルモンのバランスを整えてくれます。

より相乗効果が期待でき、お勧めです。

 

翌日にほんのり香る女性になれる

出かける前に香水をひと吹きすると、かなり強い香りになってしまいます。

寝る前に香水をつけるのであれば、そんな心配はいりません。

翌朝にはほのかに香り、好感度アップです。

動くたびにふんわりした香りが広がります。

 

寝る前香水をつけるならこの場所

香りを楽しみたいなら耳の裏

香りをしっかり感じながら眠りにつきたいという人には、耳の裏につけることをお勧めします。

直接香りが鼻に届き、たっぷり香りを楽しむことができます。

 

ほんのり香るなら鼻から遠ざけて

香りに敏感な方であれば、強い香りのせいで寝付きにくいこともあるかもしれません。

もしそう感じるのであれば、鼻から遠い位置に使ってみましょう。

 

たとえばウエスト、膝の裏、内もも、またくるぶしなどでしたら、においをダイレクトに感じることはありません。

 

翌日「いい香り」なら髪&うなじ

翌日動くたびにふんわり香らせたいのであれば、髪やうなじにつけておくことをお勧めします。

髪やうなじは女性らしさを感じさせるパーツですよね。

そこからいい香りが漂ってくれば、男性もドキドキすること間違いなしです。

 

強い香りが苦手なら寝具

枕やシーツに香水をつけるのであれば、強い香りが苦手でも気になりません。

もしそれでもきつく感じるようであれば、コットンに香水を浸して、枕元に置いてみましょう、

それであれば、きつく感じるという人は少ないようです。

 

シーン別に使いたい香りの種類

癒やされたいならウッディ系

森林の中にいるかのようなウッディ系の香りは、癒されて眠りにつきたいときに最適です。

落ち着いた香りなので、メンズやユニセックス香水としても人気が高いですね。

 

疲れたカラダをリフレッシュするなら柑橘系

柑橘系には、リフレッシュ効果もありますし、イライラした気持ちを和らげてくれる効果もあります。

また、集中力を高める香りとしても注目されています。

爽やかでフレッシュな香りには、気持ちを明るくポジティブにしてくれる力があるのですね。

 

女度を高めたいならフローラル系

女性らしさを引き出したいのであれば、断然フローラル系をお勧めします。

自律神経を整えてくれる効果のあるラベンダー、ホルモンバランスを整えてくれるローズ、落ち込んだ気持ちを挙げてくれるネロリと、健康効果も期待できますよ。

 

若々しくいたいならベリー系

男性が好きな女性の香りで上位に上がってくるのがベリー系です。

モテ香水としてはベリー系は根強い人気があります。

若々しい香りで、つけている女性もフレッシュな気持になれますよ。

 

効果を上げたい人の2ポイントテク

寝室は換気してイイ香りだけに包まれて

寝室の空気がよどんでいては、せっかくの良い香りも台無しです。

部屋のにおいと好きな香りが混ざっては、純粋な香りを楽しめませんよね。

寝る前に寝室を換気して、良い香りだけを感じて眠れるようにしましょう。

 

また、換気をしておくことで、酸素をたっぷり吸いこむことが出来るようになり、睡眠中の呼吸が楽になるというメリットがあります。

 

昼と夜の香水を使い分ける

寝る時と昼間の香水を分けてみましょう。

昼間の香水と夜の香水を分けておくことで、オンとオフのスイッチの切り替えが容易になります。

寝る時にはリラックスできる香り、起きた時にはすっきりと目覚める香り、と使い分けておくことで、メリハリが生まれます。

 

ニオイが混ざってしまったらどうしようと思うかもしれませんが、寝る前の香水のほのかな残り香に、昼用の香水が合わさることで、また違う魅力を持った香りが生まれることでしょう。

 

アロマオイルやボディクリームでももちろんOK

香水と聞くとハードルが高いと感じるかもしれませんが、アロマオイルを使ってみてもよいのです。

香りもシンプルであり、鼻につかないので、好きな香りが見つかるかもしれません。

 

また、手持ちの保湿クリームに、アロマオイルや香水を混ぜてみることで、好みの香りのボディクリームとなります。

もしくは、好きな香りのボディクリームを見つけてもよいでしょう。

 

寝香水を楽しんでいいのは、何も女性だけではありません。

実は最近密かに、男性の間でも寝香水が広がりつつあるのだそうです。

カップルでユニセックス香水を使ってみるのもいかがでしょうか。

 

まとめ

女性らしさを密かにアピールできる寝香水、是非やってみたいですよね!

好きな香りに包まれながら寝るなんて、最高の贅沢ではないでしょうか。

しかも、睡眠の質も上がることで、お肌の調子が良くなったり、ダイエット効果も上がるのだとか。

美容にも健康にも効果があるのですから、これは外せないですね。

 

自分の好きな香りを選ぶのもよし。

カップルで同じ香りを楽しむのもよし。

なりたい自分に近づける香りを選ぶのもよし。

 

つけて寝るだけで魅力がグンとアップする寝香水、ぜひ試してみてくださいね。







関連オススメ記事

-フェロモン・ベッド香水

Copyright© モテ香水「リビドーロゼ」は効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.