リビドーロゼ香水にセックスレス解消やモテる効果があったのか実際に使って検証してみました!人気のベッド香水の悪い口コミレビュー評判の真相とは?

フェロモン香水「リビドーロゼ」は効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント?

マンネリ 恋愛

男を誘惑する最強テクニックとは?長期間マンネリも一瞬で解決!?

更新日:

最近なんだか彼とうまくいっていない気がする…。

それって、彼との仲がマンネリ化しているのかもしれません。

お付き合いの中で避けられないのはマンネリ化です。

 

マンネリ化してしまうほどお互い気を許しあえる仲になったというのもあるでしょうが、出来ればいつも新鮮にお互いを思い合える関係でいたいですよね。

もし、

 

「もう女性として見ることが出来ない」

 

なんて彼が考えていたら、これはぜひとも解決したい問題です。

 

そんなマンネリカップルのために、女性として見てもらえるためのお色気作戦を伝授します!

これで二人はいつもラブラブで過ごすことが出来るはず。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

マンネリ化が続くと別れちゃう?なんとか回避する方法は?

お付き合いが長くなるにしたがって、

 

「前まではもっと楽しかったはず」

 

「最近前ほど好きという気持ちがなくなったかも」

 

というような気持ちが、ふとした時に芽生えがちです。

だからと言って、彼のことは嫌いではない。

それなのに、前ほど、一緒にいて楽しいという気持ちにならないという悩みを抱えることになってしまいます。

マンネリ化が進んでしまうと、最悪のシナリオは

 

別れ

 

です。

それは嫌ですよね?

マンネリ化は

 

慣れ

 

が原因です。

最初は一緒にいるだけでも楽しかったのに、どんどん慣れていくうちに、以前のようなときめきを忘れてしまうのです。

前まで喜んでいた言葉や行動がいつの間にか当たり前になってしまって、新鮮さを失ってしまうのですね。

 

デートの時や、日常の中で、うまくコミュニケーションをとって、鈍感にならないようにしたいですよね。

これからも新鮮な気持ちでお付き合いが出来るように、マンネリ化防止策を練っていきましょう。

 

そもそもマンネリとは?

マンネリという言葉を簡単に使いますが、そもそもマンネリというのはどういうことなのでしょうか。

マンネリの意味と原因、起こりやすい時期についてまとめてみました。

 

マンネリの意味

実は、マンネリは本来良い意味で使われる言葉なのです。

演劇や芸術が型にはまることで、方法や様式が定まり、安定した美しさを感じることが出来るという意味で使われていました。

それが現代においては、安定し過ぎてつまらないという意味合いで使われるようになり、悪い意味で使うことが圧倒的に多いです。

 

恋愛におけるマンネリ化であれば、相手に対して新鮮な気持ちになれず、ときめかないといった意味で使われていますね。

また、デートのプランがいつも一緒の時にも使われます。

二人の関係が決まりきってしまい、型にはまって

 

お付き合いがつまらない

 

という状態を表す言葉なのですね。

 

恋愛がマンネリ化するのはいつ?

恋愛の法則としてよく語られますので、ご存知の方も多いかもしれませんが、

 

3の倍数

 

がマンネリの危険ポイントです。

最初にやってくる危機は付き合って3ヶ月目です。

意外にここで破局を迎えるカップルは多いのです。

 

それを乗り切ると次は6ヶ月。

半年続いたことになり、これを乗り切ると1年までその後順調にお付き合いを続けることが出来るようです。

1年続いて安心していてはいけません。

1年ともなると、ふとマンネリを感じた時にはすでに重症化しており、結果別れにつながることも多くなってしまいます。

 

付き合いが長くなれば長くなるほど、二人の関係は落ち着いてきますよね。

そして、一緒にいることもそうですし、全ての物事が習慣化してきます。

一緒にいて当たり前になってしまうので、前のような新鮮味も感じず、

 

「楽しくない」

 

「イライラする」

 

ということが増えてしまいます。

そうやってけんかをすることが増えてきた時期を倦怠期ともいいます。

関係のマンネリ化とも言えるでしょう。

マンネリによってトラブルが増えてしまうのですね。

 

長い間付き合うことで、気を遣わない家族のような関係となるのは素晴らしいことですが、新鮮な気持ちで向き合うことも大切ですよね。

そこは、別れに発展しないような努力が必要となってきます。

 

マンネリ化する原因は?

マンネリのせいで別れてしまうなんて、悲しすぎますよね。

ここはしっかり対策をして、別れない工夫をしたいところです。

まずはマンネリ化の原因を考えるところから始めてみましょう。

 

直感的なドキドキが減衰してきた

直感で、相手のことを魅力的だと思える期間は3ヶ月だと言われています。

直感で惹かれあってお付き合いをはじめ、最初の3ヶ月はそのままの気持ちが持続するのですが、その後内面などに目が行くようになります。

これまで気付いていなかった部分を見るようになるのですね。

 

初めの1ヶ月というのはどうしても、顔立ちが好みであったり、スタイルが好みであったりと、表出している部分からの刺激を受けます。

それによって、相手のことを大好きだと思うわけですね。

でも、脳内で刺激の受け取り方が2、3ヶ月のうちに変化してしまいます。

 

それは必ずしも悪いことばかりではありません。

慣れてきたというだけで、愛情がなくなったわけではないのです。

それでも、これまでよりもそっけなくなったと感じることが多くなって、それがすれ違いの原因となることもあるので注意してください。

 

刺激に対する慣れ

お付き合いを始める前や、初めてすぐの頃というのは、デートの時にも緊張しています。

会話もぎこちないほど言葉を選んで話したり、顔を見るだけでドキドキしたりして、お互い気を遣って過ごしています。

それがそのうち慣れてきてしまい、そのドキドキがいつの間にかなくなってしまいます。

 

このように慣れてきてしまうと、つまらなくなってしまいますよね。

本当は、この慣れた時期に視点を変えて、新しい魅力に気付ければよいのですが、それもなかなか難しいようです。

ただつまらないとだけ感じ、気遣いを忘れてしまっては、相手のことを大切にできません。

 

このように相手に対して鈍感になってしまえば、二人の関係が冷めてきてしまう可能性は非常に高いですね。

マンネリによって慣れに甘えてしまった典型的な悪い例となってしまいます。

 

関係が安定してきた

お互い一緒にいることが当たり前になってくると、信頼関係を築けた状態となり、安定したお付き合いとなってきます。

ただ、それが物足りないと思ってしまうこともあるかもしれません。

愛しているという気持ちを言葉にしてくれないと、愛情が冷めていると思ってしまい、寂しい思いをすることもあります。

その結果、その寂しさを埋めるために、よそに目を向けてしまうかもしれません。

 

つい表面上の言葉や行動に目が行ってしまいがちですが、実はお付き合いの安定度、信頼度が高まっているだけの可能性もあります。

そっけなく感じても、早とちりしないようにしたいものですね。

 

かと言って、何も言わなくても相手にわかってもらえるはずというのは難しい話です。

愛情や感謝の気持ちはきちんと言葉や行動に出して表しましょう。

マンネリ化しないように努力をすることで、新鮮さを感じ、お互いのことをもっと大切に思えることでしょう。

 

マンネリ化したカップルの特徴

安定した関係にあぐらをかいていては、いつの間にか関係が冷めていた…というようなことも起こり得ます。

マンネリ化はいつの間にか進行していて、気付いた時にはもう手遅れということもあるのです。

そのままお別れとなってしまわないよう、マンネリ化したカップルの特徴を知り、対策していきましょうね。

 

デートに行ってもときめかない

お付き合いを初めてすぐの頃というのは、ドキドキしたりきゅんとしたりということが多いですよね。

それは、相手がどのような行動をするのかまだ読めない時期だからです。

だんだん慣れてくることで、そのような刺激がなくなり、物足りないと思ってしまいます。

 

まだセックスをしていない関係の時だと、いつその日が訪れるのか、どのような流れでそうなるのか、ずっとドキドキしているものだと思います。

それが、いざ結ばれて、その後も食事をしたらラブホでセックスをするというような流れが出来上がってしまうと、そんなドキドキの気持ちはなくなってきてしまいます。

スキンシップをしても、キュンとすることもなくなるかもしれません。

 

相手のことを考える時間が減った

関係が安定してくると、どんどん相手のことを知っていきますよね。

その結果、物足りないという思いになってしまうこともあるのです。

 

付き合い始めたころは、時間があれば相手のことを考えている状態です。

今度のデートプラン、相手を喜ばせるサプライズ、何か好きなことをしてあげたい…と相手を喜ばせたい一心で考えています。

 

でも、お付き合いが安定してくることに比例して、相手のことがわかってきます。

相手について考える時間はずいぶん短くなることでしょう。

そこまで考えなくても、相手の反応は予想できるようになるからです。

全てが予想通りとなってしまうと、物足りなくなってしまうというわけです。

 

物足りなくなってしまうと、気持ちのすれ違いも生じやすいです。

こうならないためには、対策が必要となります。

 

行動がパターン化している

慣れてくると、行動がパターン化してきます。

いつも通りというパターン化した行動の繰り返しとなってしまい、ドキドキが一切なくなってしまいます。

楽でいいとはいえ、これではマンネリからのすれ違いが生じてしまいます。

 

また、あまりにも家事や身の回りの世話をし過ぎて、お母さん的存在となってしまい、恋人として見られなくなるということもあります。

良かれと思ってしたお世話が裏目に出てしまうのですね。

 

このようなマンネリに陥らないためには、いつもと違うシチュエーションでお互いの愛情を確かめ合うのが一番です。

そのような機会を作って、お互いが恋人としてかけがえのない存在であることを確認し合うことが大切になってきます。

 

倦怠期の症状を感じる

気を付けなければならないのは、3ヶ月目のジンクスです。

いわゆる倦怠期となりやすい時期で、特に理由なくイライラしたり、喧嘩をしたりしてしまうことが多いようです。

それもやはりマンネリ化が原因となっています。

 

慣れや習慣化のせいで、ドキドキが減ることに反比例して、相手への要求は高くなってきます。

それと同時に、お互い冷めているのではないかと思って、ぎくしゃくしてしまうことも増えます。

 

倦怠期の症状を感じたら、まずは付き合い始めたころのあの気持ちを思い出してください。

お互いの気持ちをもう一度確かめ合えば、別れを回避することが出来るでしょう。

 

付き合っている意味があるのかと考えてしまう

マンネリがきっかけとなり、

 

「このまま付き合っていてもいいのかな…」

 

とふと考えてしまうことが増えるのもかなり危険な領域です。

一緒にいてときめかない、つまらないという思いから、このまま付き合っていても意味がないと考えてしまうのですね。

 

恋愛体質な人ほど陥りやすい罠かもしれません。

激しく燃え上がるような恋をしていたいと思うと、せっかく関係が安定してきているのに別れてしまうのです。

このマンネリ化を乗り越えることで、相手の異なった魅力を発見し、その恋愛は長続きするのに、もったいないです。

 

まずは自問自答してみましょう。

恋に恋するような燃え上がるような気持ちを味わいたいだけなのか、お互いを思いやりながら落ち着いた関係を作り上げたいのか。

それで、安定した恋愛をしたいと思うのであれば、お互いが必要であると思えるような信頼関係を築く努力をしていきましょう。

 

これで解消!マンネリを色気テクニックで簡単解決

未経験のデートパターンをセッティング

二人の定番デートというものはありますか。

たとえば、食事に行く、遊園地に行く、映画を見に行くといったような定番はあると思いますが、毎回同じパターンの繰り返しだと飽きてしまいますよね。

そればマンネリとなってしまいます。

 

普段インドアで過ごすデートが多いのであれば、アウトドアに繰り出してもよいですよね。

二人でスポーツにチャレンジするのも楽しいと思います。

 

逆に普段アウトドア派なのであれば、たまには二人で部屋でゆっくり過ごしてお料理をするのはいかがですか。

いつもおうちデートなのであれば、たまには一泊旅行はどうでしょうか。

いつもとパターンを変えてみると、マンネリに陥らずに済みますね。

 

サプライズ企画を実行する

相手のことを心の奥底で思っていたとしても、それを表面に出して、言葉や行動であらわさないと、伝わりませんよね。

そういう気持ちを表すために、たまにはサプライズを計画するのはいかがでしょうか。

相手が喜ぶことを考え、サプライズで実行してみるとマンネリは解消するかもしれません。

 

彼氏が欲しがっているものは何ですか。

彼氏が行きたがっていた場所はどこですか。

そのように考えて、その思いをかなえてあげられるサプライズを企画するのはいかがでしょうか。

 

会えない日を作ってみる

彼氏優位の恋愛をしている人にお勧めしたいテクニックです。

彼氏に会う日を打診されたら、たまには断ってみましょう

 

いつも二つ返事で大丈夫だと答えるところをぐっと我慢して、

 

「その日はちょっと無理…」

 

と言ってみましょう。

他の予定が入っていると彼氏が思って、危機感を持ってくれるかもしれませんよ。

危機感は変化を生み、マンネリ防止の役に立ちます。

 

勝負下着やイメージチェンジに挑戦する

相手の意外な一面を見つけることは、マンネリ防止にかなりの効果があります。

新しい魅力を見つけることが、マンネリを寄せ付けないのですね。

いわゆる

 

「ギャップ萌え」

 

です。

 

普段シンプルな下着をつけている人は、色っぽい下着に挑戦してみましょう。

普段のイメージと異なることで、激しいセックスが出来るはずです。

彼の好みや憧れをかなえてあげられると、もっと求められるようになるのではないでしょうか。

 

湯上がりの潤った肌を見せる

男性は、

 

女性がふとした時に見せる、さりげない色気

 

に弱いのです。

よって、お風呂上がりのつるつるお肌を見せつけましょう。

きっとマンネリ解消につながります。

 

「マンネリしてしまっているからもう意味がない」

 

ということはありません。

久しぶりに潤ったお肌を見ると、ドキッとして、気持ちが再燃する可能性はとても高いのです。

 

さりげなく見せることが大切です。

さらに、見られたことに対して恥ずかしい、というそぶりをすれば、彼はきっともっと興奮するでしょう。

 

彼を押し倒すほど積極的に…

時には大胆になることで、彼とのマンネリ化問題が解消されます。

彼に積極的に攻めてみるのです。

 

女性がムラムラすることで、色気が倍増します。

普段受け身であるのであればなおさら、彼を押し倒すくらい積極的に振舞うのです。

そうすれば彼は刺激を受けて、一挙にマンネリがなくなります。

 

ハードルが高く感じられるかもしれませんが、色気を出す方法の中ではかなり簡単なものなのです。

ムラムラしているだけで色気が増えるのですから、そのムラムラを抑え込まずに、彼に向けて発散してみましょう。

 

朝からお色気攻撃

マンネリ化することで、そもそもエッチなムードになりにくいということがあります。

そうなってしまうと、夜にたとえ色気を出してみたところで、大して興奮してもらえないかもしれません。

それであれば、朝から色気むんむんで迫ってみるのはいかがでしょうか。

 

ボディタッチを増やしてみたり、キスで攻めてみたり、露出の多い服を着てみたりと、朝に色気全開で迫ってみることで、いつもと違う雰囲気に、彼もムラムラすること間違いなしです。

そうなったら彼もマンネリを忘れて燃え上がってくれるでしょう。

エロ攻撃以外にも、忘れてはいけないのは

 

やさしさ

 

です。

いつもより優しく接するだけでも、彼は色気を感じてくれるはず。

女性としての魅力がすなわち色気なので、女性らしい優しさも立派な武器となるのです。

 

まとめ

マンネリに陥ってしまうと、どんどん相手への気持ちが冷め、関係が悪化していきます。

そうならないための努力が必要となります。

 

今回ご紹介した方法は、どれもそんなに難しいものではありません。

相手のことを考え、相手が喜ぶことをするというのが基本となります。

それには女性らしい優しさが欠かせませんよね。

 

パターン化してマンネリ化していることを、新鮮な気持ちになれるようにチェンジしてみましょう。

そうすることで、彼に何度でも恋される女性になれますよ!

 

必見!
フェロモン香水の正体とは?普通の香水と何が違う?異性をドキドキさせる効果と使い方

フェロモン香水を使ってみたいと密かに思っている人は多いみたいです! いろいろなメディアで取り上げられているので、やっぱり ...

続きを見る

-マンネリ, 恋愛

Copyright© フェロモン香水「リビドーロゼ」は効かない?効果がない悪い口コミばかりってホント? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.